秘密基地(3)縄張り

【2012.6.5の日記を転載】

「縄張り」と書くとちょっぴり物騒な印象を受けますね。
ここでは文字通り縄(糸)を張って、これから建てる建物の大体の広さと位置を把握する作業です。
ホームセンターでは木杭も売っていますが、松材で1本300円~400円もします。
これから先の作業でも木杭は多用するのですが、杭ごときにそんなにお金をかけてられません。
多少曲がってたりもしますが、荒材と呼ばれる角材なら、35mm角で2mのものが9本セットで1000円程度で売られていますので、そいつを適当な長さに切断して先をとがらせて自作。

20120605_1909

「石つきエビ鉈」なる道具で加工

杭を4隅に打って、その内側を整地。父親が事前に除草剤をかけておいてくれていたため、雑草はすっかり枯れており、思ったより早く作業ができた。(それでも3時間程度はかかる)
この段階では本当に大雑把な広さ。

20120605_1907

写真では平らな土地に見えるが、写真左から右方向に傾斜している。